rantの最近のブログ記事

忙しい人、忙しくない人

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近流れてるNTT DoCoMoのCMで、大家が店子に、「忙しそうだな」って聞いて、店子が「あー、ぜんぜん」「そう、それだ」的なのがある。SMARTシリーズかな。

こないだダイスと晩飯食ったときにも話して、また自省したのもこの話で、要するに、忙しい忙しい言ってる人は、「自分は自分のすべきことに優先度を付けることができず、and/or自分のすべきことと周囲にしてもらうべきこととを区別することができず、要するにあんまり使えない類の人間です。」って宣言してるのと同じだよね、ってこと。

そりゃ実際に忙しい人はいるし寝られないほど働いてそれでもまだ家族を養うのにかつかつとかってことあるとは思うけど、それと周囲に「忙しい忙しい」を連発して働いた気になってるのとは全然別のことなんで、よろしく。

トレンディな日

| コメント(1) | トラックバック(0)
mtwp.png

...

 

とかいうタイトルで書くとアクセス数が増えて一歩あれに近づくぽいので試してみた。

地球温暖化とかエコとか

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は10月15日で、Blog Action Dayなんだそうな。

On October 15th, bloggers around the web will unite to put a single important issue on everyone’s mind - the environment.

環境問題ってたぶん温暖化のことだけじゃないんだろうけど、最近じゃノーベル平和賞なんかもあって、自分の中では環境とかエコとかイコール地球温暖化ってことになってる。しかも、以前に比べて自分自身が混乱している。

不都合な真実も観た(読んではいない)し、大体それ以前に最近のちょっと変な気候を体感してるから、地球に何がしかおきていることは否定できないような気がしている。でも、ゴアをたたいてる論を読んでいると、どちらが科学的なのか疑問を持ってしまうのは確かだ。でももう一方で、地球は温暖化していること、それは人間の営みによるものであること、気温が上がると今までになかった病気が出るだろうことなどは、数字の大小はあっても、検証可能な論としてあるんだろうと思う。

だが、数字の大小は重要だ。もし200年後にすら起きないかもしれないことを50年後に起こると断定的に言われたら、やっぱそれ違うよ、って思うだろうし。でも、100年後に起こることには目を向けるくせに目の前にあるたとえば飢餓の問題には目を向けないのはなぜだ、って話題を変えられると、それも重要な問題だけど、誰かが何かの問題に集中しているときに、別の大きな問題を取り上げていないとか言うのは単に論点がずれているだけで話にならないし。

すると、起こるかもしれない問題を議論する前に、すでに起こっている問題を議論すべきなのは当然だという議論が出てくるんだが、最初に戻ると、程度の差はあれ、すでに起こっているって点では科学の見解はすでに一致しているんだろう(と聞いている)。

結局温暖化だけが大きく取り上げられるのは、飢餓の問題なんかに比べると、誰もがいい人になれる、政治的な選択なんだという論も見たが、実際はそうでもないんじゃないかと。現在の先進国が途上国だったころは好き勝手に公害を撒き散らしたくせに、先進国になったとたん途上国にも温暖化予防しろとかってふざけんな、CO2排出規制なんか生き残るために必要ならいくらだって破ってやるよ、大体それって核兵器保有国の論理と同じだよな、おまえんちの電気代は月いくらなんだよ、みたいなことを言いたい気分にもならあね。

ここに書いた文章は全部他人の受け売りで僕の考えは一つも含まれていない。自分自身は、メトロノームのように、あっちいってこっちいってを繰り返していて何を信じればいいのかわからなくて、ただ混乱しているだけ。

でも一つだけ。どんなに政治的で、自分の論を広めるためならそれをサポートする数字だけを使ってはばからないようなことをしたとしても、何か正しいと信じたことがあって、それを何年も何年も続けられる、同じことを何年も何年も言い続けられる、その根気だけは僕も見習わないといけないような気がする。

雑記

| コメント(0) | トラックバック(0)

なんというか今回の一件で、世の中にはサードパーティっていうのがあるってことを実感した。今までも言葉は知っていたし意味もわかってたことなんだけど、それでも英語って便利だねくらいにしか思っていなかったサードパーティっていう言葉の意味を実感した。

作る人と使う人というのはまあまあわかりやすい関係なんだが、使う人の中に、何を使っているか自覚のない状態の他者に使わせている人ってのがいると、わかりづらい三角形の利害関係みたいなのができて、それが原因で本当は存在しない混乱が存在するかのように見えるってことなんだね。

まあどのパーティに属しているかに関係なく、自分で決断すべきことについて自分で決断して責任転嫁しないという当たり前のことをすればいいだけという、なんとも簡単なことのはずなんだけど。その決断をするための情報量が少ないとも思えないし。

BS runs fast, everywhere

| コメント(0) | トラックバック(0)
次期バージョンにはMovable Type 4がプロジェクト名Athena、開発コードWheeljackとして計画されている。
------ ウィキペディア

...(笑。

...って別にない。

PAGE 2005って印刷業界のイベントで、パネルディスカッションでご一緒したんですね。Amazon.co.jpのエバンジェリストだったとき。なんか、お互いに質問しあいましょう、みたいなことだったんで、僕にとっては楽天の人は技術者じゃないしプレゼン内容もつまんなかったんで、チェンさんに聞くつもりで、Googleは人手を排し、楽天は人手をかける方向みたいだけど、それぞれどっちが正しいと思ってんの?みたいなことを聞いたような気がする。

チェンさんは技術の人じゃない感じだったし、楽天の人に比べたらはるかに話しがいがありそうだったけど時間もなかったし、全然会話とかできなかったのが今思えば少々残念か。

Go Hatena, Inc. Go!

On bike vs train

| コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっと前のことで正確に覚えていないのだが、近藤さんと会話したときに自転車通勤の話になった。雨のときどうするか?だったか事故の起きる率は電車と自転車どっちが高そうか?というような話だったがそれは結構どうでもよくて、僕が寝坊して遅れそうになったりすると電車に乗るという話をして、理由は自分に自信がないからだといったら、近藤さんのほうは逆にそんなときこそ自転車なんだという、電車だと運転が人任せだから自分でどうすることもできない部分が多くていやだとかそんなことだったような気がする。

最近、自分が働いているチームに対して自分はどんな貢献をしているのか、することを期待されているのか、またしなければならないのかをよく考える。2006年はよくわからないまま走りながら撃ってきたらゴールにたどり着いてしまったという感じだったが、2007年はそうはいかないんじゃないか。

2006年の1年間をかけて集まり、お互いへの信頼を醸成した、数は少ないが機能的に最適配置されている、これ以上ないメンバーと一緒に、これから大きな目標に向かってまた走り出さなければならない今、この中で自分はどこに位置することを求められていて、それは自分の足で立てる場所なのか。

僕は、運転士さんに始まる電車の運行を担っている人たちに、最後はすべてを任せられるタイプの人間だ。もしそれで何かの事情で電車が遅れて、結果として自転車で出かけたほうが早かったとしても、プロが最善を尽くした結果そうなったことを何か悪く思ったり、自分の決断を後悔したりはしない。でも、今度こそは自分の脚力だけで、チームの結果に大きく貢献しなければならないところに来てしまった気がする。最後に任せる相手はいないわけじゃないが、それをすると僕がここにいる理由がなくなってしまうような気がする。

yohei-y:weblog: S はシンプルの S

いや、2007年にこれを読めばそりゃーさ、なんてバカなんだこいつらは、Microsoft発の技術ってほんと救いようがないよなーとかって思うけどさ。SOAPはもともとそういう用途で考え出されたプロトコルじゃなかったのに、いろんな人の野望が複雑に絡み合ってこうなっちゃったんだ。「SOAPの人」が全員バカだったからこうなったわけじゃない。単に、後出しじゃんけんなら負けないことのほうが普通だよねってことだ。

いや、なんか過去の自分をバカ呼ばわりされているような気がしたから書いてみただけ。

18歳の肩を守ってやれ

| コメント(1) | トラックバック(0)

早稲田実業と駒大苫小牧の決勝は、両投手の力投ゆえに決着が着かず、なんと翌日に再試合だと。ありえん。藻前ら将来ある2人の高校生投手の肩ををつぶすためにやってるんですか?それだったらハンマーで肩をガンガン殴ってやればいいだろうが。昔の投手はもっと投げてたとかアホみたいなこと思ってるんじゃないだろうな。今どき根性で故障も脱水も克服できるとか思ってるわけじゃないだろうに。ご家族は高野連と学校と監督を傷害罪で刑事告訴すべきだよ。

今TBSのアナウンサーが「計算してみたら早実の斉藤投手は5日間で850球投げてるそうです。」だってよ。それだけかよ。北海道の人や早実OBの人、「明日はやってくれる」じゃないでしょ。まじありえないよ。せめて再試合は1週間後、じゃなけりゃ両校優勝でいったいどんな問題があるんだ。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちrantカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはProgrammingです。

次のカテゴリはWeb APIです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。