2006年3月アーカイブ

夕食作り

| コメント(5) | トラックバック(0)

共働き家庭で、父親が普通以上に家事をする家で育ったせいか、洗濯、風呂掃除、アイロンかけみたいなことにぜんぜん抵抗がない。大学時代に下宿してたときは普通に食事も作ってたし。でも妻と結婚して、妻の料理好きに水をささないように、食事はとにかく一切手をつけないことに決めたのであった。男子厨房ほげほげってやつである。んが、この飛び石連休は、妻がほげほげサミットとやらに出かけて留守なので、さて夕食を調達する必要に迫られた。こういうとき右往左往すると母性本能をくすぐるのかもしらんが、こちとら自分の食事くらいどうとでも作れるんである。

Carson Workshops SummitのMP3を聞いているんだけど、パネルディスカッションが面白い。最初のほうで認証APIの話になって、MSがPassportの反省を活かしてやってくるぞ、とかOpenIDとか面白いよねとかいう普通の話が出ていたと思ったら、「っつかそれ大事か?」みたいなことを言ってる人もいる。「どうせみんなパスワード同じの使ってんだし、覚えさせてるんだからサインインなんか問題じゃないだろ」とか、「登録画面がめんどくさいのは問題だ」とか、「メールだけ入れさせて、メールを送って、そこからクッキーにつなげられれば認証はメールのほうに任せられるんじゃねーの」とかいう感じで、認証APIなんか別にいいよ、って雰囲気もあるようだった。ちょっと誰が誰だかわかんなかったんだけど。

まあ認証API出してよ、って今日も某社の某氏にダベり半分お願いしてきたくらいで、今のところ考えが変わってきたわけでもないんだけど。Amazon S3はAmazonの認証を使うんで、例えばS3をブログのバックエンドにしようとか思ったら、ユーザーとかコメンターとかをAmazon.comのアカウントにしなきゃなんなくて、これはこれでウザいね。Amazon内ですら統一されていないのに、他社のIDをサポートするわけにもいかないし、OpenIDもちょっと目的と違うし、という感じ。認証界隈はまだまだ考えることがいろいろありそうだ。

Carson Workshops Summitのほうに戻ると、聞いた限りではDel.icio.usのJoshuaの話が面白かった。ほかにFlickrのCalと37signalsのDHHのも聞いたんだけど、Calの話はどっかで聞いた(面白くないわけじゃないけど)感じで、DHHのほうはどうもなんだかウーン?って感じだった。Joshuaは最初タグについてしゃべってくれって頼まれたんだけど、「それはしゃべる気にならなかったから、他のことをしゃべるよ。」って言って、Del.icio.us関連の苦労話とか学んだことみたいなのを一生懸命しゃべってる感じだった。

Amazon S3, storage for the Internet

| コメント(1) | トラックバック(0)

やっと出た。Simple Storage Service略してS3。Mechanical Turkが野心的ならS3は当然の成り行きといえるプロダクト/サービスだろう。Readonlyのデータならチープなハードウェアでいくらでもリクエストに応えられるようになった今、次に必要なのはExtremely Writableなサービスでどうやってスケールさせるかという話だ。

Yahoo.comの認証API

| コメント(0) | トラックバック(0)

なんだなんだ、どうして日本のメディアは肝心なところを伝えてないんだ?

Jeffrey McManus: New Goodies for Developers

We call this Browser-Based Authentication. It's a way to enable third-party software developers to get access to your personal Yahoo! data (like your photos, your calendar, or your links) through their applications without having to handle your password or user name. It's super secure because the user only authenticates at login.yahoo.com (we pass back an encrypted token to the developer that lets them make calls to personalized APIs on the user's behalf). The user is in complete control; she can revoke permission from the developer at any time.

Yahoo.comが認証APIを出すって話じゃないか!4つの新しいAPIも重要かもしれんけど、「それらユーザーデータにサードパーティアプリケーションがアクセスできるようにするために」認証の仕組みを提供するってことでしょ?だから2006年は認証APIの年だって言っておいたのに。w

期待してます>Yahoo.com

MSでXMLやってるDerekさんのエントリ。何度もいろんなところで言われていることではあるけれど、やっぱり何度聞いてもこれって問題だよなぁと。

だってさ、「hoge & moge」っていうコンテンツが元々あって、それを「マークアップ」したいなあと思って「<strong>hoge & moge</strong>」ってしたらとたんにエラーになるのっておかしくない?マークアップするのにコンテンツを書き換える(&amp;)っておかしくない?いや、抽象レベルを一段上がれば、それは書き換えてるわけじゃないのはわかってるんだけどさ。こんな議論もきっと何度も繰り返されて識者の面々はいいかげんうんざりだろうとは思うけどさ。でもやっぱ直感的じゃないよ。

いや、でもさ、だからってPHPのシリアライザしか読めないデータを流通させるってのは、XMLによって一度否定した過去を繰り返すことにはならないのかな。JSONとか流通してるし、もういいのかな。結局XMLがクロスXXXだね、ってのはそれがテキストであることだけに意義があったわけで、だったらPHPのシリアライズもJSONもテキストだからXMLの意義を損ねていないってことになるのかな。XMLのすごいとこはタグによるツリー構造じゃなくて、それが文字コード問題までもある程度解決した「プレーン」テキストなんであるってことでしかないんだろうか。達人プログラマーにも「テキストにしとけ」って書いてあったし。Atomフォーマットも、XMLではなくJSONで規定したほうがXHTMLだのencodedだのを考える必要がなくて楽チンだったのかもしれないな。

達人プログラマー―システム開発の職人から名匠への道達人プログラマー―システム開発の職人から名匠への道
アンドリュー ハント デビッド トーマス Andrew Hunt

by G-Tools

Plaggerで新着Feedを検知したら物理的に通知してくれるモジュールを読んで感銘を受けたのでWindows版を書きました。

22c22,29
< system('/usr/bin/eject') if $self->{count};
---
> if ($self->{count}) {
> if ($^O eq 'MSWin32') {
> require Win32::MCI::Basic;
> Win32::MCI::Basic::mciSendString("Set CDAudio Door Open Wait");
> } else {
> system('/usr/bin/eject');
> }
> }

Yappoさんのブログにコメントしようと思ったのですが、Internal Server Errorで書けなかったのでここで。

このアーカイブについて

このページには、2006年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年2月です。

次のアーカイブは2006年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。