2004年10月アーカイブ

Gentoo Linux 2004.2 日本語設定...

| コメント(0) | トラックバック(0)
こちらを参考に。 nano -w ./.bashrc export LANG=ja_JP.eucJP unset LC_ALL export LC_CTYPE=ja_JP.eucJP export XMODIFIERS="@im=kinput2" export CANNAHOST=localhost

nano -w ./~.xinitrc
export LANG=ja_JP.eucJP
unset LC_ALL
export LC_CTYPE=ja_JP.eucJP
export XMODIFIERS="@im=kinput2"
export CANNAHOST=localhost
kinput2 -canna &
exec "gnome-session"

nano -w /etc/hosts.canna
localhost
unix

nano -w /etc/conf.d/canna
CANNASERVER_OPTS="-inet"

# /sbin/rc-update add canna default
# /etc/init.d/canna start

emerge いろんな日本語フォント
nano -w /etc/X11/xorg.conf
emergeしたぶんだけFontPathを指定
reboot


--------

gdmで起動 Languageで日本語選択してログイン gnome日本語メニュー出る。 日本語入力できず。 nano -w /etc/X11/Sessions/Gnome 後ろのほうに書いてみる export LANG=ja_JP.eucJP unset LC_ALL export LC_CTYPE=ja_JP.eucJP export XMODIFIERS="@im=kinput2" export CANNAHOST=localhost kinput2 -canna & だめでした。

emerge mozilla-firefox
うげーmozilla-firefox-binにするんだった!時間かかりすぎ。。。

こちらを参考にOpenOfficeの日本語版を導入
emerge openoffice-ja-bin


--------

Gentoo Linux 2004.2 Gnome...(2)

| コメント(0) | トラックバック(0)
朝起きたら無事終わってた。 etc-update -5 env-update source /etc/profile /etc/init.d/famd start rc-update add famd default exit 一般ユーザーでログイン echo "exec gnome-session" > ~/.xinitrc startx きたー いったん出て、 su rc-update add xdm default /etc/rc.conf DISPLAYMANAGER="gdm" XSESSION="Gnome"
--------

Gentoo Linux 2004.2 Gnome...

| コメント(0) | トラックバック(0)
まあMonoが目的だからgnome入れることにしよう。 gnomeは寝る前に入れるので、先に emerge alsa-utils /etc/modules.d/alsa alias snd-card-0 snd-intel8x0 modules-update rc-update add alsasound boot /etc/init.d/alsasound start amixer set Master 100 unmute amixer set PCM 100 unmute wget http://Windowsマシン/startup.wav aplay startup.wav 鳴った。 grub.conf に apm=on acpi=offを追加 apm -s 成功。 emerge gnome 開始!(21:22) ...3時間後 うぇー、エラーだって。 ACCEPT_KEYWORDS="~x86" emerge gnome xscreensaver 開始!(0:25)
--------

Gentoo Linux 2004.2 Xorg...

| コメント(0) | トラックバック(0)
emerge xorg-x11は70分で完了 env-update source /etc/profile Xorg -configure X -config /root/xorg.conf.new 画面真っ暗。 うむーどうやらKernel Configurationが足りないようだ。 emerge -C xorg-x11 (きれい好きなもんで) cd /usr/src/linux make menuconfig Character Device 云々のAGPのとこのATI Radeonを選択する(Mobility Radeon 7500なんで) make && make modules_install サクッと終わった。 cpしてgrub.confを書いてreboot emerge xorg-x11 env-update source /etc/profile Xorg -configure opengl-update xorg-x11 cp xorg.conf.new /etc/X11/xorg.conf startx やっほー起動したようだ。 CTRL+ALT+BS gnome....
--------
ログイン useradd passwd emerge sync rsync.jpが動かない。/etc/make.confのSYNC=をコメントアウト ついでにUSE=にいろいろ追加 emerge sync etc-update -5 emerge xorg-x11 さてどれくらいかかるのかな
--------
ビルドは20分で完了 cp arch/i386/boot/bzImage /boot/kernel-2.6.9-gentoo-r1 cp System.map /boot/System.map-2.6.9-gentoo-r1 cp .config /boot/config-2.6.9-gentoo-r1 emerge hotplug モジュールはとりあえずいらないのでmodules-updateはパス nano -w /etc/fstab /dev/hda1 /boot ext2 noauto,noatime 1 2 /dev/hda2 none swap sw 0 0 /dev/hda3 / ext3 noatime 0 1 none /proc proc defaults 0 0 none /dev/shm tmpfs nodev,nosuid,noexec 0 0 /dev/cdroms/cdrom0 /mnt/cdrom auto noauto,user 0 0 echo gentoo1 > /etc/hostname echo homenet > /etc/dnsdomainname rc-update add domainname default nano -w /etc/conf.d/net iface_eth0="dhcp" rc-update add net.eth0 default nano -w /etc/hosts passwd nano -w /etc/rc.conf KEYMAP="jp106" CLOCK="local"

emerge syslog-ng && rc-update add syslog-ng default
emerge vixie-cron && rc-update add vixie-cron default
emerge dhcpcd
emerge grub
nano -w /boot/grub/grub.conf
default 0
timeout 30
splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
title=Gentoo Linux 2.6.9-gentoo-r1
root (hd0,0)
kernel /kernel-2.6.9-gentoo-r1 root=/dev/hda3

cp /proc/mounts /etc/mtab
grub-install --root-directory=/boot /dev/hda

exit
cd
umount /mnt/gentoo/boot /mnt/gentoo/proc /mnt/gentoo
reboot


--------

80分ほどでemerge system完了 emerge udev ln -sf /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime dateがずれる date MMddhhmmYYYY emerge gentoo-dev-sources 6分で完了 cd /usr/src/linux lsmod ipv6, ohci_hcd, yenta_socket, pcmcia_core, uhci_hcd, joydev, evdev, tsdev, snd_intel8x0, snd_ac97_codec, snd_pcm, snd_timer, snd_page_alloc, gameport, snd_mpu401_uart, smd_rawmidi, snd_seq_device, snd, soundcore, intel_agp, agpgart, 3c59x, parport_pc, parport, rtc, sbp2, ohci1394, ieee1394, usb_storage, ehci_uhd make menuconfig 設定いろいろ。正直よくわからん。適当に入れてみる。 make && make modules_install
--------
2人のIBMエバンジェリストと最新の技術動向

「SOAを実現するにあたって、Webサービスとしてアプリケーションを作り込んではなりません。サービスとしてアプリケーションを作ってください」

はい?サービスはアプリケーションと同義で、Webサービスは技術の名前でしょ?だって自分でこういってるじゃない。

「米持氏は、Webサービス=SOAという誤解が存在すると指摘する。WebサービスはHTTP、XML、SOAP、WSDLといったWeb技術を使ってSOAを具現化する技術であって、」

だからサービスを作ることとWebサービスを利用して作ることとを両立させて問題ないでしょ?まあいいやどうでも。

ところで、

IBMの考え:「Webサービス=SOAP=HTTP+XML=遅い」ので、適材適所が望ましい。Webサービスで重要なのはWSDL。SOAPじゃない別のバインディングを積極的に使いましょう。JMSとか。

MSの考え:「Webサービス=SOAP=XML」。メッセージ定義にXMLを使うのはすでに抗いがたい業界標準。ただし、転送プロトコルがHTTPである必要はない。HTTPバインディングがいやなら別のものを使えばよい。Webサービスで重要なのはSOAP。on the wireに真実があり、WSDLは真実の見方の一側面に過ぎない。

結局同じこといってるのね。

ただ、ここにきてMSとIBMの違いは鮮明になってきた。

IBMはやはりソリューション志向で、大規模案件を受注し、大規模ソフトウェアを投入し、大規模にお金をいただく会社であるため、本当に手離れのいいソフトウェアを作るための技術としてのXMLは推進しない。

MSはツールベンダーであり、すでに大規模ユーザーは抑えているので、ここしばらくのフォーカスはいかに中小の「フリー」ソフトで開発せざるを得ないところに食い込むか、という視点。ツールは売りっぱなしでなければならないので、そのツールで構成されるシステムはいつでも他のツールを受け入れられるようにしておく必要がある。ここにXMLを利用する動機がある。

で、日本ではここでおしまいだけど、世の中的には第三極があって、それらがまたかき回しに入る。Amazon、Google、eBay。IBMもMSも関係ない、自社で開発者を抱え続ける体力を持ち、ビジネスの推進力としてのみXMLを利用する。XML/HTTP/SOAP/WSDL+現状すでにある開発環境で十分。WS-*とかどうせ使ってくれる開発者がいないから興味もない。


--------

ブートストラップ完了 /lib/libc.so.6 NPTLが入ってる source /etc/profile emerge system またお預け。。。
--------
cd /usr/portage scripts/bootstrap.sh ヘッダーが違うとか言うので失敗 ここを参考に nano -w /etc/portage/package.keywords sys-kernel/linux26-headers -* ~x86 sys-kernel/gentoo-dev-sources -* ~x86 emerge patch emerge -C linux-headers emerge --oneshot linux26-headers nano -w /etc/make.profile/virtuals virtual/kernel sys-kernel/linux26-headers virtual/os-headers sys-kernel/linux26-headers 再びscripts/bootstrap.sh さーてどうなることやら。。。
--------

Gentoo Linux 2004.2 インスコ開始

| コメント(0) | トラックバック(0)
当然こちらを参考に、Dell Inspiron 4150にインスコ開始。 boot: smp dokeymap keymap:22 Automatic network configuration worked. fdisk /dev/hda n p 1 [enter] +32M a 1 n p 2 [enter] +1024M t 2 82 n p 3 [enter] [enter] p w q mke2fs /dev/hda1 mke2fs -j /dev/hda3 mkswap /dev/hda2 swapon /dev/hda2 mount /dev/hda3 /mnt/gentoo mkdir /mnt/gentoo/boot mount /dev/hda1 /mnt/gentoo/boot date cd /mnt/gentoo links2 http://mirror.gentoo.gr.jp/ [stage1-x86]を選択 d OK tar -xjpf stage1-*.bz2 nano -w /mnt/gentoo/etc/make.conf CHOST=i686-pc-linux-gnu CFLAGS= + -pipe USE="nptl" GENTOO_MIRRORS="http://mirror.gentoo.gr.jp/ http://gentoo.oregonstate.edu/ http://gentoo.gnukorea.org/" MAKEOPTS="-j2" CTRL-X Y [enter] cp -L /etc/resolv.conf /mnt/gentoo/etc/resolv.conf mount -t proc none /mnt/gentoo/proc chroot /mnt/gentoo /bin/bash env-update source /etc/profile emerge sync 30分...
--------

"Cherry" OS mature enough?

| コメント(0) | トラックバック(0)
Cherry OS のリリース日発表

周期的にPowerBookほしい病の発作が出るのですが、考えてみたら僕がほしいのはPowerBookではなくMac OSなのだ、ということにこのニュースで気づきました。ほんとに動くんだろうな、え?


--------

中の人のキモチ

| コメント(0) | トラックバック(0)
それにしても若いうちから金儲け、もといビジネス志向の人がこんなに増えているのはなぜだろう?そんなに金がほしいのか?そんなに若いうちからそんなに金がほしいのか?その金で何を買うんだ?考えてみろって。せっせと比較分析している対象は単に金だけを目当てに今の仕事を立ち上げたのかい?みんな違うじゃない。金が第一の目的なんて人間に人が集まってくるわけがない。見てみろあいつ、今日もテレビで醜い顔してさらしてるぜ。あんなひどい顔で他人を小ばかにする人間になりたいのかい?
--------

このアーカイブについて

このページには、2004年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年9月です。

次のアーカイブは2004年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。