Ubuntu 7.04をVirutal PC 2007にインストールしてみた

| コメント(4) | トラックバック(0)

ゴールデンウィーク中に仕事のラップトップ(ThinkPad T43)を初期化した。ちょと軽くなった気がする。

で、仕事のものをあれやこれや放り込む。

で、Visual Studioをインストールするところではたと立ち止まる。そういえば、Orcas Beta1が出ていたな。MSのサイトに出かけると、VPCイメージがある。これでいいやってことでVirtual PC 2007をインストールして、VPCイメージを使う。重い。でも仕事で使うわけじゃないからいいや。

あ。仕事で使うLinuxどうしよ。今まではVMWare Playerだったが、いっちょVPCでやってみっか。ってことでやってみた。

JapaneseのページからJapaneseなデスクトップのISOを取ってきて、インストールを始めるも、どうやらビデオカードがうまくないらしく、画面が壊れた。いろいろ情報を漁ってみて、手順が書いてあるこのページを発見。

まず、Japaneseのデスクトップだとテキストモードでインストールできないので、Alternateを取ってくる。で、コメントしている人の手順どおりにやったら、無事起動した。以下、翻訳。


  1. 起動時の画面でF4を押して800x600x16を選ぶ。

  2. テキストモードでインストール開始。

  3. インストール完了しましたという画面が出るまで進める。

  4. インストール完了しました画面で、ALT+F2を押す。黒い画面が出るので、ENTERキーを押してコンソールをアクティベートする。

  5. # nano /target/etc/X11/xorg.conf でxorg.confの編集を開始する。

  6. 以下の4行を見つけてすべて削除する。

    SubSection "Display"
    Depth 24
    Modes "1024x786" "800x600" "640x480"
    EndSubSection


  7. ちょい上に戻ったところにある以下の行の24を16に変更する。
    DefaultDepth 24

  8. CTRL+O、ENTERで変更を保存し、CTRL+Xでnanoを閉じる。

  9. ALT+F1を押してインストール完了画面に戻り、続ける。


これでうまく起動できた。

が!今度はマウスが動かない。どうやら既知の問題らしい。とはいえ、仕事ではXは使わないので、左ALT+F1でメニューをキーボードでいじり、端末を起動して、以下のコマンドでgdmを起動しないようにする。


$ sudo update-rc.d -f gdm remove
$ sudo vi /boot/grub/menu.lst

で、再起動して、あとはputtyで。

と思ったら、VPCではVMWareみたいなネットワーク機能はないことがわかったので、以下の手順でネットワーク設定も。

  1. Microsoft Loopback Adapterをインストール
  2. 使ってるネットワークアダプタでインターネットを共有して、Loopback Adapterのローカルエリア接続を接続する>
  3. VPCのネットワークがLoopback Adapterを使うように設定する。

でOK。XいらないのにUbuntu使うなよって言われるのはわかってる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.luckypines.com/cgi-bin/mt/bt-tm.cgi/862

コメント(4)

ウブンツー。CentOS のほうが楽かもよ。:-)

そして Siliverlight は試されたのでしょうか? :)

あれれ?Flickrでログインしたのですが、コメンターのアイコンについているリンクのURLがTypeKeyになっていますよん。

https://help.ubuntu.com/community/HowToConfigureUbuntuForMicrosoftVirtualPC2004

に詳しく書いてあった。i8042.noloopね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Fumiaki Yoshimatsuが2007年5月 7日 12:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「BS runs fast, everywhere」です。

次のブログ記事は「Athena has not been born yet」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。