PermaRSSって必要?

| コメント(0) | トラックバック(0)

Permalinkのサマリーが欲しいならmeta descriptionでいいんじゃないの。Auto-Discoveryなんかしなくたって、headを読んだ時点でdescriptionが手に入る。たかがサマリー取得のためになぜ2度もページ(とそのメタデータ)を取得しなければならんのだ。meta descriptionってなんかうぇぶ2.0っぽくないから流行らない?microformatsって言えばいいじゃん。ブログサービスはmeta descriptionをちゃんと記述しる!ってことでいいんじゃないの?

RSS 1.0ってRich Site Summaryって名前なんだし、サイト(=channel)についてのメタデータなのだから、どこのPermalinkからアクセスされようと、メインのページのサマリー、つまり最新n件を表示するってのは理にかなってるよね。RSS 1.0を使ってサイトの各ページ(=channelから配信される各item)のメタデータだけを記述しようとするのって変じゃない?変というより、それってRSS 1.0が表現する意味合い(semantics!)とは違うんじゃないかな。RSS 2.0についてもその辺の違和感(itemのメタデータなのにchannelについて語る「フィード」を取得するっていう違和感)は共通してるなぁ。

もしどうしてもダメな理由があるのなら、水谷敏行さんの案の方に一票だなぁ。itemについてのメタデータなんだからitem要素だけがあるべきだよ、うんうん。ただ、この程度の用途であんな巨大なRDFメタデータを作る必要があるのか、甚だ疑問だけど(RDFが嫌いなだけとも言う)。

でも、Atomだと話が違ってくるかなぁ。Atom SFってまんまHTMLのalternativeのような気がするので、Permalink(HTML)のalternativeとして(これ重要;metaではない)ほぼ同じ内容のatom:entryが返されるURLをlinkするってのはアリな気がする。もちろんこれはAtom Entry DocumentであってAtom Feed Documentではないのだけれど。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.luckypines.com/cgi-bin/mt/bt-tm.cgi/769

コメントする

このブログ記事について

このページは、Fumiaki Yoshimatsuが2005年12月12日 11:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Flickr! のアカウントをMTのコメント認証で使うプラグイン」です。

次のブログ記事は「NBAの映像デジタルアーカイブ化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。